反田恭平

Kyohei Sorita Official Site

反田恭平

1994年生まれ。
2012年 高校在学中に、第81回日本音楽コンクール第1位入賞。併せて聴衆賞を受賞。
2013年M.ヴォスクレセンスキー氏の推薦によりロシアへ留学。2014年チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院に首席で入学

2015年イタリアで行われている「チッタ・ディ・カントゥ国際ピアノ協奏曲コンクール」古典派部門で優勝。年末には「ロシア国際音楽祭」にてコンチェルト及びリサイタルにてマリインスキー劇場デビューを果たす。
2016年のデビュー・リサイタルは、サントリーホール2000席が完売し、圧倒的な演奏で観客を惹きつけた。また8月の3夜連続コンサートをすべて違うプログラムで行い、各日のコンサートの前半部分をライヴ録音し、その日のうちに持ち帰るというCD付プログラムも話題になる。3日間の追加公演も行い、新人ながら3,000人を超える動員を実現する。
2017年4月には佐渡裕指揮、東京シティフィル特別演奏会の全国12公演のソリストを務め全公演完売の中、各地でセンセーションを巻き起こす。
6月にはNHK交響楽団との現代曲への挑戦し、初の全国リサイタル・ツアー13公演は全公演完売のうちに終了した。

デビューから2年、コンサートのみならず「題名のない音楽会」「情熱大陸」等メディアでも多数取り上げられるなど、今、もっとも勢いのあるピアニストとして注目されている。

現在、ショパン音楽大学(旧ワルシャワ音楽院)にてピオトル・パレチニに師事。また、桐朋学園大学院大学にて修士号取得の準備をしている。

CD:「リスト」、「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲&パガニーニの主題による狂詩曲」、「月の光」 2017年「第27回出光音楽賞」受賞、 CDショップ大賞「クラシック賞」受賞。
オフィシャルファンクラブ
YouTube Channel
Facebook
Twitter: @kyohei0901
反田恭平
Kyohei Sorita was born in 1994.
In 2012, while still in high school, he won both 1st prize and Special Audience Award at the 81st Japan Music Competition. He studied at Toho Gakuen School of Music in 2013, then applied for Moscow Tchaikovsky Conservatory in Russia under the recommendation of Professor Mikhail Voskresensky and entered with the highest score in 2014.

The following year, Kyohei Sorita won the 1st prize at Città di Cantù International Piano and Orchestra Competition (Classical Category) in Italy in April. His debut CD album “Liszt” was released by Nippon Columbia in July. His sensational performance of Rachmaninov's Rhapsody on a Theme of Paganini with Tokyo Philharmonic Orchestra in that year received standing ovation and endless applause. He then made his debut in both solo recital and concerto with orchestra at The Mariinsky Theatre in the Russian International Music Festival.

2016 was a fruitful year for Kyohei Sorita. His debut recital at Tokyo Suntory Hall was a great success with 2000 seats totally sold out. At the 3 Nights Summer Concerts with a different program each day, tickets sold out on the first sales day and the presenters added 3 more concerts. He attracted an amazing number of 3,000 music fans, though he has just made his debut.

Kyohei has appeared in various media including Japanese TV programs "Untitled Concert", "Jonetsu-Tairiku”.
His latest CD is Rachmaninov's Piano Concerto No.2 with Orchestra Sinfonica Nazionale della RAI conducted by Andrea Battistoni.
He was awarded Idemitsu Music Prize and CD Shop’s grand prize “Classical Prize” in 2017.

Kyohei is high in demand both in Japan and overseas. He has exceptional talent and we look forward to a promising and exciting future.

Official homepage http://soritakyohei.com
ヴィンテージ・ニューヨーク・スタインウェイ(CD75)